シンプルかつ簡単!マーブルネイル♪

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!ネイリストのクロサワです。

今日は可愛くも大人ぽくもできる「簡単!マーブルネイル」をご紹介します♪


シンプルなデザインなので、
カジュアルだけでなくオフィスでも活躍出来るかと思います!

どうしてもオフィスで使えるネイルは限られるので、
いつもフレンチとかだと味気ないですからね。

反響がよければ今後もオフィス向けのセルフネイルを
ご紹介していこうと思います♪

それでは、今回も気合入れてとりかかるとしましょう!


スポンサーリンク

★きれいに仕上げるコツ

マーブルにする時はあまり混ぜすぎないようにしましょう。

★マーブルネイルの手順

1:プレパレーション
2:ベースジェルを塗る
3:カラージェルを塗る
4:マーブルを作る
5:トップジェルで仕上げ


★必要な道具

1色塗りの時と同じ。マーブルにするのでカラーは2色以上

写真1

筆も2本あるとマーブルがやりやすいです。

★始める前に

カラージェルをかくはんし、ジェルのフタを全て開けておきましょう。


1:プレパレーション後に
2:ベースジェルを塗って固めたら
3:カラージェルを塗ります

写真2

今回はシアーの薄い色なので、一度カラージェルを塗って固めて、
2度塗り目でマーブルを作ります。

写真3

濃い色の場合は一度塗り目でマーブルにしても大丈夫ですよ!

4:マーブルを作ります

マーブルにする際に筆は2本あると便利です☆

もちろん1本でもできますよ♪

1本の時はカラージェルを塗って、
一度キレイにしてからマーブルにするカラーに使いましょう☆

写真4

2度目のカラージェルを塗ります。

写真5

「固めずに」上にマーブルにしたい色を適当にのせます。

後でマーブルにするので、ほんとに適当で大丈夫です!

カラーの量はお好みで♪

今回はマットのホワイトでオフィスでもできる控えめなマーブルにするので
ホワイトは少しだけ、ちょんちょんと置きます。

写真6

5本を一度にしても大丈夫ですよ♪

次に筆を左右に動かしながら、
ベースに塗ったカラーとホワイトを混ぜていきます。

縦、横と動かすのではなく、横だけに動かす感じです。

上の色が少ない場合、混ぜすぎると完全に混ざってしまってきれいなマーブルにならないので、
様子を見ながらお好みのマーブルにしていきましょう!

写真7

どんなマーブルにしたいかによりますが、
私は筆はベースのカラージェルを作った筆を拭かずにそのまま使いました。

単に時間短縮と(笑) 手間の短縮のためです。

もちろんきれいな筆でもどちらでも大丈夫です!

きれいな筆だともう少しホワイトが強くなるかな?
マーブルにし終わったら固めます。

今回はキラキララメも少しポイントにのせます♪

クリアジェルを全体に薄く塗ったら

写真8

ラメを置きたい場所に筆でちょんちょんと置きます。

今回はラメも控えめにします♪

写真9

固めたらトップジェルを塗り、
キューティクルオイルを塗って完成です☆

写真10

トップを塗って仕上げる時には、ラメが表面にぽこぽこ出ないよう、
きちんと全体を覆って
仕上げましょう!

写真11

マーブルは色を変えるとぐっと雰囲気も変わって色々なバーションが楽しめますよ♪

今回は控えめなマーブルですが、ホワイトとショッキングピンクや、
ホワイトとターコイズブルーなどはっきりした色同士でしたら
フットジェルにもお勧めです☆

サンダルの先からネイルが目立って、とってもかわいいですよ!

ラメをのせましたが、ラメでラインを入れたり、ストーンを乗せたり、ネイルシールをつけたり
お花を書いたり、などなど。。。

簡単で手軽にできる、色々雰囲気も変えられる使えるアートなので、
ぜひ色々な色やデザインで試してみてくださいネ!

★イタリアのネイル事情part2

今回も少しだけイタリアのネイル事情についてお話ししま~す。

こちらでは日本のようなジェルがあまり主流ではないので、
カラージェルの種類もあまり多くありません。

こちらで例えばお花などのアートは、
トールペイントのような感じで絵の具でしています。

でも、このトールペイント、もちろんサロンによりますが、なかなか質が高い

キレイです。

ただ、サンプルにあるような
デザインをもし10本してください♪

とオーダーが来たら果たして何分で10本書けるのか。。

といったサンプルなのですが(笑)

実際、サロンで書いてる所を見たわけじゃないので
お客様として行って確かめるしかないでしょうか!?

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">